GEEKLY SUMMARY #86

WELQ退場から半年。事件は医療・健康系検索結果をどう変えたか?

昨年秋より話題になっていたキュレーションメディアサイト問題からもう半年が経ちました。結果としてWELQという目立った存在が消えても、まだユーザは正しく・有益で・価値のある記事になかなか行き届けないというのが現状とのことです。

WELQが閉鎖された現在、情報の信憑性が薄い代替医療が代わりに台頭している問題もありますが、公的な信憑性のあるサイト( go.jpac.jp など)が検索に弱い問題もこの半年で起きており、Google検索の改善自体あまり進展していないというのが明らかになっています。

結局のところ我々は何か困ったことがあるとインターネット検索を頼るようになってしまっているので、Googleの検索アルゴリズムをうまく利用する信憑性の薄い情報に対して、如何にうまく自衛できるかと考えさせられます。

 

UIを模写してみてわかること

いわゆるエンジニアは「写経」という有益なコードの模写・素振りをして自分のスキルとする練習方法がありますが、WEB・UIデザイナーにとっての「写経」はこれに当たるなと思います。

よく出来ているUIは自然と溶け込む形をしているので、意識化をするためにどのタイミングでどういったインターフェイスが使われているのか、というユーザ視点から「何故ここにこれがあるか」という一歩踏み込んだ視点でモノを見るのが、デザイン力の向上につながるのではと思います。

 

実例から見る『展覧会の公式サイトが終了後すぐ消えてしまう問題』

最近個人的には展示を観に行く機会が減ってしまっていますが、ふと目に止まった記事です。

独自ドメインで作ったサイトが後々破棄され、アクセス出来ないならまだしも、別目的に使用されているのを見ると物悲しさを感じてしまいます。展覧会のよっては独自ドメインでの作成があるためそうした事態はよく起きているそうです。

とはいえ展示会場となる美術館・博物館などの文化施設サイトでアーカイブとして情報を残しているのは、なかなか見受けられない問題もあるようでなかなか難しいようです。

あまり関係ないのですが、新国立美術館は常設作品などを所持しない稀有な美術館なのですが、企画展のアーカイブは簡易的ながらもきっちりしている気がします。

 

大学生のフェイスブック離れ進む 女子の約6割が「インスタグラム」「SNOW」利用【東京工科大学調査】

この3年の世の中の流れが見れる図が複数あります。youtubeはあれだけ公開から時間が経過しているのに、伸びているのは本当にすごいです。あとはSNOWが2017年から突然facebookなどを抜いていることから、来年再調査したらさらに面白い結果になっているかもしれません。

 

サービスか受託か。Webサービスを作るということ

技術的側面からの考え方などがわかりやすくまとまっていました。確かに新しい技術や試したいライブラリなどは受託でないと難しいです。

 

「すごすぎる」――地方のパン屋が“AIレジ”で超絶進化 足かけ10年、たった20人の開発会社の苦労の物語

パンをレジに持っていくと専用マシンが自動で画像認識し、1秒で料金を計算。レジスタッフにも余裕がでたそうです。近いうちにコンビニにも導入されそうな感じがします。
 

Amazonの「めんどくささ」に、みんな気づいてきたのかもしれない。

登録してしまえば購入までは簡単だが自宅で受け取るのが面倒なため、商品の店頭受け取りが一段と増えているそうです(個人的にもコンビニ受け取りが多いです)。宅配ボックスに関連した(自分のタイミングで受け取れる)ビジネスは今後も熱くなりそうです。
 

韓国に「無人コンビニ」がオープン

最近スーパーやコンビニのレジは人から器械への自動化が目立ちますが、支払い方法が「手」とはなかなかいけている技術だと思います。カードやモバイル端末で支払う時代はそう長くはないかもしれませんね。

 

世界を圧倒する中国ネットショッピング市場 その理由は

PCをスキップしてスマートフォンを利用するようになっている中国ユーザーは消費力を増大し、同時に支払いシステム、物流、サービスも発達しているので、快適な買い物環境になっています。その中にとても人気がある日本製商品は供給不足の状況になっているようです。

 

賞賛集める、「インターン不採用の大学生」が考えたApple Musicのインターフェイスデザイン

限りなくシンプルに、直感的にリデザインされているこのApple Musicなら、是非利用したいと思いました。確かに「アクションがどこかにしまわれている」ことはできる限り避けたいものです。

 

快適ウェブ!機能的なアニメーションを実現するたった4つの方法

確かに、「動くもの」には無意識に目を引かれてしまっていますね。それだけ視覚的に効果のある「動き」というものを、ビジュアル的な目的だけでなく、機能的に価値のある取り入れ方をして、UI/UXの向上に活かしたいですね。

 

Webサービスのフロント側の基本的な確認観点を列挙してみる。

開発するサービスの特性によって過不足はありそうですが、叩き台としてはいいですね。テストケースの観点ということは、同時に設計段階で考慮すべきこととも言えるのではないでしょうか。

 

2017年大本命!HTML/CSSで表現できる、参考にしたいカード型レイアウト60個まとめ

多くの情報を見やすく表示出来るカード型のレイアウトを採用しているサイトのまとめです。定番っぽいのから斬新な見せ方をしてるのもあってインスピレーションを受けます。今後のME視点での提案の参考にしていけそうな記事です。あと仕方のないことですが、英語のサイトは日本語のサイトよりもすっきりとまとまって見えますね・・・

 

Shneiderman氏の「インターフェイスデザインの8つの黄金律」とは

WindowsとMacでUIについて比較しながらUIの黄金率について述べています。OSのデザイン(ここでのデザインは機能やフィードバックなどを含む)はすべてのデザインの基本になるものです。開発をする上でこれらの要素をきちんと入れ込み、気持ちのよいインターフェースデザインを心がけたいですね。

 

優れたストーリーテリングをするためにおさえておきたい5つのポイント

デザインには理由があり、それを示すにはストーリーテリングがいいとされています。特に去年から色々なデザインに盛り込まれているストーリーテリング。これらは制作キックオフ段階から作業者全員に共有されるべきであり、単にエンドユーザーにだけ必要なものではないと考えます。すべてのプロジェクト、プロダクト、デザインにストーリーテリングをというのは今後も続いていきそうですね。

 

快適ウェブ!機能的なアニメーションを実現するたった4つの方法

表面的なデザインだけではなく動きで状態を伝えることでユーザーにとってより利用しやすいサイトになりますね。見た目や感じ方だけではなくどのように動作するかにもこだわっていきたいです。

 

求人サイトのチャンス?ピンチ?、Google検索で仕事を探せる Google for Jobs が米国で間もなく公開 #IO17JP

まずは米国からのようですが。ユーザーの求める求人へ行き着くのが早くなるので個人的にはチャンスかなと。ただ検索上位に食い込むようSEO対策なども今後必要になってくるかもしれませんね。

 

npm@5がでました

https://github.com/npm/npm/blob/latest/CHANGELOG.md#v500-2017-05-25

npm i -Snpm iと同じ意味になったり、逆にnpm i --no-saveが作られたり、npm iのときはpackage-lock.jsonが作られるようになったりします。

https://github.com/JamieMason/npm-cache-benchmark#results-os-x

そして、npm@5はどうやらyarnより早いらしいです。いろんなフレームワークがyarnに移行(宣言)してる今どうなるんでしょうか。

投稿者プロフィール

GEEKstaff
GEEKstaff
株式会社GEEKの制作チームです。
Web業界の気になるニュースのまとめと、制作に役立つ記事を投稿しています
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - GEEKLY SUMMARY #86
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です