GEEKLY SUMMARY #91

「デザイン落とし穴」という話をしてきました – transitkix design log

ux failconというイベントで登壇された方のスライドが共有されていました。(ちょろっと参加しました)

ユーザーと開発者の視点の切り替えの難しさやユーザーストーリーの実例を元にした落とし穴、制作現場における「いい感じ問題」などなかなか刺さる内容でした。

ユーザーストーリーの吹き出し化は情報を整理する上で面白いアイデアだと思いました。

黒歴史トリオ|日清食品

自虐感満載の切り口がすごい。。ページデザインも清々しいくらいの黒さ。 本文には源ノ明朝が使われていてインパクト抜群です。もし売れなくても黒歴史が更新されるのでネタになりそうですね 笑

見た目が悪くても人気なサービスから学ぶユーザビリティ設計

記事内前半に掲載されているサイトの例から、MEとして出来ることは表示速度が出来るだけ早くなるようなコードを書くことを意識していきたいと思いました。記事後半に乗っているMy Tabataのように最近こういったUX系の記事で見るサイトは整理されたわかりやすさよりも直感的にわかるようなものが多い気がします。

GitHub APIから学ぶ次世代のAPI実装方式GraphQL

まだ理解は微妙な所ですが、GraphQLというやり方で実装すればRESTでは(A -> B -> C)と取得しないといけないような事が、QraphQLではクエリを組み合わせて書くことで(A + B + C)な感じでまとめて取得できるようなものらしいです。aamsとかAPI叩くことが多いので、こういうプロジェクトで使えたらパフォーマンス上がるだろうなと思いました。

スマホのタッチ操作に最適化されたWebアンケートが作れるサービス「Wyzerr」を使ってみた!

ゲーム感覚で回答することができ、作成も簡単で非常に楽しく便利だと思います。

エムティーアイの『電子母子手帳』が長野県千曲市にて提供開始

同じようなサービスを一般人が作っても情報などに限度があったり、内容もどれも似たり寄ったりになってしまいそうなので、

自治体こそがこういったアプリを積極的にリリースしてくれれば豊かになると思います。

ユーザーファーストデザインのいままでとこれから

昨今のモバイルのディスプレイに翻弄された歴史が垣間見れます。その都度、制作者は色々な施策を行って乗り越えてきました。ガラケー時代は文字数とデータ容量とにらめっこ、数年前からはレスポンシブウェブデザインに頭を悩ましています。ただ、それもこれもヒューマンセントリックな考えを置いてけぼりにしてきたかもしれません。表示できればいい、情報があればいい、ではなく、デザイン性や運用や更新などコード的にも運用的にも「人が」管理しやすいサイトを目指すべきではないかと思いました。

フラットデザインのベストプラクティス

フラットデザインだけに従来から使われているレイアウトと標準UIを採用し、どこを押すと、どのようになると想像ができるデザインを心がけなければなりません。シンプルなもの=フラットデザインではなく、綿密に組まれた道筋をユーザーへ提示するべきデザインだと考えさせられました。今後、管理画面などもこのようなデザインを施すにあたって、ひとつのマイルストーンになりそうな記事でした。

CASHとPayDayの恐ろしいほどに仕組まれたビジネスモデルとユーザー体験

PAYDAYはCASHに注目が集まり、ほとんど記事すら無い状況ですが、

こちらも考察とか検証がはじまったら盛り上がりそうな感じはします。

実際にzozoのツケ払いの利用数は相当のようで、ターゲットユーザはzozoの利用層とかぶりそうです。

https://payday365.jp/ 公式

Webデベロッパのためのセキュリティ・チェックリスト

最近の社内におけるプロジェクトでの要求でもあがっているので一度皆さんと共有をしたいと思いました。

今日からはじめるGitHub 〜 初心者がGitをインストールして、プルリクできるようになるまでを解説

さらっと用語の復習になります。確かにME採用の際はGithubアカウントが一つの指標になるかもしれないですね。

【世界】IKEA 製品、全世界のAmazonで購入可能に

結構欲しかったサービスです。Amazonの動向は要チェックですね。

W3C 版 HTML 5.1 変更点まとめ

今更感はありますが改めてHTML5.1の変更点日本語まとめ。srcsetは有名な変更点ですが、scrollRestorationプロパティの割と便利そうなので早い所全ブラウザで使えたらいいなと思います。

とはいえHTML5.2の草案が今年の5月に新たに更新されていたり(今のところはそこまでHTML5.1との大きな変更点はありませんが)、5.1の時点でまだブラウザ未対応ものもあったりするので、あまり気張りすぎず追わないということもないようにしたいですね。

The worst volume control UI in the world(英記事)

ボリュームコントロールのバッドUIというネタ記事。redditにあがっていたものがまとめられています。

こうしたまとめで見ると普通はあり得ないもの(革新的?)ばかりなのですが、真新しいUI設計をする際に果たして自分はこうしたアンチパターンを踏まずに設計できるのか?ということや、どういった歴史をもって今の設計があるのかということをしっかりと把握しておく必要があると自戒させられます。

フラットデザインのベストプラクティス

これも今更感はありますが、復習記事としては良い感じです。

フラットデザインではUIパーツがいまひとつ分かりづらいといった欠点がありますが、そもそもフラットにする値があるサイトなのかという見直しもできるようで、ビジュアルとしてどう機能させるか以外ではあまり有効ではないように思えます。

最後にチェックリストもありますので確認として使ってみるのも良さそうです。

この候補者のサイトがすごい都議選2017 勝手に決定!

今回の都議選は都民ファが圧勝の結果でしたが、そんな各候補者のサイトにフォーカスを充ててみた記事です。この辺のサイトデザインは正直未開拓の地なのかとは思いますが、web1.0ライクな手作り感がある方がウケがいいんでしょうか。某芸能人サイトみたいに。

iPhoneの栄光、終わりの始まり 発売10周年

アップルもイノベーションのジレンマに陥っていると指摘されていますが、それでも秋の10周年モデルで過去最高の業績を更新しそうです。成長した企業は外野からいろいろ言われる運命にありますが、熱狂的な顧客がつくようなサービスをつくりたいですね。

CASHを「らくちん買い取りアプリ」だと思ってる君のために、おっさんたちがこんなにも騒いでいる理由をお教えしよう

話題のCASHについて詳しく解説されています。内容は異なりますが、こういうカオス感でいうと、ガラケーバブル時の1クリック40円時代をふと思い出しました。

投稿者プロフィール

GEEKstaff
GEEKstaff
株式会社GEEKの制作チームです。
Web業界の気になるニュースのまとめと、制作に役立つ記事を投稿しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です