GEEKLY SUMMARY #101

時代遅れのデザインでもAmazonから学びたい、UX設計4つの手法

やはりAmazonから学ぶことは多くあります。古臭い手法が多いようですが、それは経験からきている理にかなった物が多いです。ECサイトでも関連度が高い商品の出し方や配置など、フローの整理なども使い勝手を日々アップデートしていきたいですね。

 

労働生産性とは?自社や自分自身の労働生産性を把握しよう

生産性についてわかりやすく解説されてました。「少ない労力で多くの成果を生み出そう」ということですが、自分にとっても課題の部分です。このような生産性から自身の仕事ぶりを振り返るいい記事だと感じました。集中と分散、仕事も家庭もタスクこなしていきたいですね。

 

テントで仕事しよう 東急、多摩川でアウトドアオフィス実験

開放的な場所で仕事をするのも気分転換になり、特に打ち合わせなどは良さそうですね。

 

AIを使用した無料の画像拡大ソフトが本当に凄い!想像以上の写真に!

ドラッグ&ドロップしてから数分程度で画像処理が完了するようで、写真を見る限り確かに綺麗になっています。1日の処理枚数に制限があったり色々開発中なところはあるようですが、今後も気になるサービスです。

 

さよなら、Firebug

IEからFireFoxへ移行し出してから、このプロダクトを通じてWebのことを詳しく知るきっかけになったと思います。今のDeveloperツールの根幹とも言っても過言ではないかもしれません。

Firebug自体は消滅することになるそうですが、次期バージョンのFirefox QuantumからはDeveloperツール自体に機能がほぼ取り込まれるとのことです。

 

280文字数制限拡大においてのデザイン上の課題

Twitterの発言における制限文字数を140→280文字にアップデートしたことに伴い、ユーザー視点における体験を損なわないための課題をどう解決したのか、そしてどのようなフィードバックがあったのかなどの報告記事。

CJK言語とそれ以外の言語を組み合わせた時に文字数がどれだけあるかと言う部分において、かつては文字数での表現でしたが、今はインジケータにしてどれくらい進行しているかをユーザにストレスを与えることのなく表現されています。

 

Firefox Quantum高速化の一翼を担うQuantum CSS

端的にいうと「各ブラウザの最先端技術を合わせたCSSエンジン」とのことですが、仕組みとしてはDOMツリーにあるスタイル適応をCPUごとにそれぞれ割当るといった処理の並列化により高速に対応できるようにしたそうです。

ただしメモリの消費率や互換性問題などはあるようで、当分は恩恵を受けることはないと思いますが、今後開発が進んで互換性を解消した暁に、Quantum CSSが他CSSエンジンに取って代わるそうなので、Firefox Nightlyでの機能拡充もできるようなので気になる人は見てみると良さそうです。

 

プロダクトに 1 から Vue.js を導入した話

株式会社ウィルゲートでの開発チームにおけるVue.js導入事例。そもそもVue.jsを何故使うことになったかのきっかけや、実際の導入においてどのような変化や利点があったかを紹介しています。

個人的な感想としては、もちろん処理や保守性において向上する箇所はあると思いますが、素の状態で使ってもjQueryの方が楽に動かせる・書ける場合もあるので、ビルドツールやモジュールとを使い合わせてようやく恩恵が得られるのではないかなとは感じます。それにしても1000行に及ぶnew Vue()が気になってしょうがないです。

 

JavaScriptで生成されたコンテンツもリンクも静的なものと同等にGoogleは評価する。ただし時間がかかることも

もっとも、Googlebot が正常にレンダリングできていることが条件です。

以前SSRしないSPAをGoogleの検索結果に含めるためにbabel-polyfillが必要になる記事を紹介しましたが、それの関連記事。結局はJSで生成されたコンテンツやリンクらをクロールするにはレンダリングを完了した上でのこととなるので、通常の静的コンテンツと比較すると時間がかかるようです。

 

一貫したデザインのためにデザインシステムを運用する方法

ページ数の多い案件やアプリ開発なんかでは重宝するのかと思います。

デザイナーは上流でガッチリデザイン定義を定めて、デザイナーが案件から離れた際でも問題なく運用できる環境を作ることが大事だと感じました。

 

デザイナー不在のチームのデザインフローを整えた話

上記記事からの流れになりますが、長期の案件になると、久々にデザイナーがパーツを追加しようと思ったらデータが以前とまるっきり変わっていたりなどよくあるかと思います。

表現力も大事ですが、運用に強い設計を今後は心がけていきたいです。

 

Webデザインで「やるべきこと」と「やってはいけないこと」

Webデザインとは、Webサイトを見に来る人のためのものというのを再認識させられます。

記事の内容はユーザ観点からすれば当たり前のことばかりなのに、制作者の立場になるとなぜ配慮できなくなるのでしょう。

技術的な好奇心から「やってみたい」と思うことは多々ありますが、本当にそれがユーザにとって嬉しいものなのかはきちん考えるべきですね。

 

忘年会前に用意したいアルコールガジェット

これは面白いです!酔い度合いを数値化/グラフ化してくれます。個人的には酔いさめ予測タイマーが興味ありますね。(飲んだ翌日早朝から運転がある時など)

アルコールが抜ける時間は、個人差がありますし、量や種類にもよるので、パーソナライズされたデータから予測してくれるのは嬉しいです。

 

デザインデータのバージョン管理ができるAbstractを試してみた

フリー時代は利用してましたが、sketchのバージョン管理としてはAbstractはかなりおすすめです。

β版ですが、Plantというツールもでたみたいなので試して見ようと思います。

PSDのバージョン管理もできれば良いのですが…

 

建設現場と職人をつなぐアプリ

会社が人を募集するんじゃなくて、現場が職人にコンタクトを取るという考え方が面白いです。

職人不足だからこそ実現する面白いアイデアです。

 

“量子的飛躍”を遂げるWebブラウザ「Firefox Quantum」、11月14日公開

早速入れてみたところアイコンがシャープになりました。

速度面はchromeよりはだいぶ早いのが体感できます。

 

比較サイト作り、上位に自社サービス 消費者庁が処分

数年前かなりはやりましたがみんなどこも自作自演で今更という感じがします。

 

海外の引っ越し業者サイトで、イメージ写真をリアルな写真に差し替えたところ、見積りが45%増加したそうです。ユーザーが見たいのはあくまでもリアルであると。

https://vwo.com/blog/stock-photos-reduce-conversions/


綺麗な写真

実際のスタッフ写真(見積り45%アップ)

実際のトラック写真(見積り45%アップ)


このあたりは採用サイトでも同じことがいえそうですね。

 

Googleの検索順位にまったく影響しない10の事柄(少なくとも直接は)

「まったく」というと主語が大きいかなとは感じましたが、あまり分かっていない段階で深く意識する必要性はないところはここにまとまっている気はします。Googleのサービスや評価に対する施策よりもコンテンツを大事にしていかないとなと思います。

Google自体の判定も大事ですが、HTMLの記述も出来る限り文書として活きるように書くべきで、JSなどはGoogleBotの解析待ちみたいなのもあったりするので、現状においては、微々たるものですが、その辺で差は出たりするかもしれません。

 

dev.toと阿部寛のホームページについてちゃんと計測させてくれ

文脈が不明な人にはなんのこっちゃなタイトルですが、要するに表示が高速と謳われているサイト同士の表示計測したらどっちが早いのかという検証です。

dev.to自体はWebの最新技術を駆使しつつ高速化を図っているのに対し、阿部寛HPはパフォーマンスチューニングも何もせずともdev.toよりも読み込みが早いという結果となり、割とまじめな視点で両者から得られることが多い内容です。

 

特許庁、GitHubで「知的財産デュー・デリジェンス」の標準手順書策定を検証

M&AやIT技術の増加において知財DDの重要性が増してきた昨今で、知財DDを分かりやすく説明する標準手順書を策定するすため、一定期間ではありますが、パブリックコメントを募集して手順書に修正反映させたいとのことです。Githubアカウントがないと参加できないのはネックな気がしますが、こうして個人・民間の意見を反映させる場があることは非常に先進性を感じます。

 

知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」

上記ニュースの特許庁つながりですが、デザイナーやデザインを学ぶ学生に向けに知財教材を公開しました。パワーポイントなのが気になる方もいるようですが、CC BY-NC 4.0なので、条件下で資料の複製や改変・リミックスするなども出来るのでその辺も考慮してのファイル形式なのかなと感じました。

 

Twitterで流行中の「Sarahah」はもう使った?サウジアラビア発の匿名メッセージサービス

サウジアラビア発のWeb、iOSアプリでAsk.fmの質問部分を画像化してSNSでその質問に対するアンサーを投稿するという単独でなく他と連携して映えるサービスのようです。インフルエンサーが最近使っているのを見受けたので気になってました。

もとはInstagramのストーリー機能から流行ったようですが、既存の質問サービスのそれと差別化されてる気はしないので、どこまで残るのかというのが楽しみです。

 

[Node.js] 無料で簡単にウェブアプリを公開できるサービス「Glitch」を使ってみた!

一瞬Herokuでいいのでは…と思いましたがUIも簡素的でブラウザ上でコーディングできるユーザフレンドリー感もあったので初心者やホスティングサービスでどれを使うか迷う人向けなのかなと感じました。プロジェクト自体も参考にしやすく直にフォークできて弄れるのが個人的には良かったです。

 

3D Face Reconstruction from a Single Image

顔写真をアップすると3Dの顔面が、AIに復元される海外のサイト。

普通の平面写真からリアルに再現できていてちょっと怖いくらいですが、3D制作が手軽にできる時代がきていますね。

https://gyazo.com/a51c5401bb950dcfaf168643c8048c1b

 

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」

・世界1500万ダウンロードを突破@リリースから6日

└DL初速はマリオランの半分

・売上10億円を突破@リリースから9日

└マリオランの1/2くらい

・全体収益の86%を日本人の課金が占める

└1DLあたり:日本465円、カナダ28円、オーストラリア25円

 

一番分かりやすい OAuth の説明

APIなど図入りでわかりやすく記載されています。データ連携まわりは今後も増えそうなので理解を深めたいです。

 

2017年、デザインガイドラインについて考える。

作り始める前に、どのように活用するか、いつアップデートするのか話し合い、開発のプロセスに組み込みましょう。

自戒でもあるのですが、作りっぱなしにしてしまうガイドラインにおいても同じことが言えそうです。

SketchのデータをAtomic Designに合わせてパーツ設計・配置するのは実装側としても分かりやすいので参考にすると良さ気です。

 

Tumblrの創業者兼CEO、カープ氏が辞任へ

2007年の創業から続けて今年で10周年を迎えたTumblrですが、CEOのデビット・カープが辞任するとのニュース。Tumblrの創業者、そして顔として存在していた彼ですが、いちユーザとしてこのニュースは正直寂しくなります。

今後どういった動向となるのかは不明ですが、Tumblrに続く新たなWebサービスを生み出してくれればと願います。

 

jQueryが必要とされなくなってきたのは,Reactなどの他のフレームワークが登場したせいではなく,標準DOM APIが進歩したおかげです

記事内容にもある通り「jQueryであるからこそ」出来ることが今はだいぶ減ってきて、仮想DOMを生成するフレームワークの登場などと合わさり、jQueryは不要だみたいな風潮が生まれてきているところはあります。

この手の記事で毎回思うのは「jQueryは不要である」と思う人と「jQueryである程度機能が実装できる」人との間に割と大きめの溝があることが浸透していないことなのではないかということです。ここを解消されない限り、jQuery不要論みたいなものは消えないと思います。

 

AWSの新サービス群に対する一行所感

(続)AWSの新サービス群に対する一行所感

AWSのイベント「re:Invent」における新サービスの紹介まとめ。今だけでもかなりのサービスが展開されていますが、自然言語や機械学習らへんもカバーした新機能を開発できてしまう規模には毎度凄いと感じざるを得ません。

AWS Cloud9のクラウド開発環境やAmazon Translateの翻訳サービスらへんが個人的には気になっています。

 

プロダクトデザインと設計のためのよりよいユーザーストーリーとは

記事内のフォーマットはWebアプリケーションの仕様詰めではまりそうです。なぜ必要かを定義するので、自然と優先度も考えるようになると思います。

良いですね!! ぜひ使ってみようと思います。

 

CEOが仕事力を上げるためにやった5つのこと(その1)

たまたまtwitter経由で見つけた記事なのですが、とても効率の良い働き方で参考になります。タスクを管理する際の項目として早速私も盗んでます。

「盗みたいものリスト」には、アクションごとに「いつやる?」「どうやる?」「どうだった?」

投稿者プロフィール

GEEKstaff
GEEKstaff
株式会社GEEKの制作チームです。
Web業界の気になるニュースのまとめと、制作に役立つ記事を投稿しています
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - GEEKLY SUMMARY #101
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です