GEEKLY SUMMARY #20

GEEKLY SUMMARY #104

Nuxt.js 1.0 is out

Vue版Next.js立ち位置のNuxt.jsが今週ver.1.0.0をリリースしました。

来週以降で@nuxtjs/typescript モジュールなどのリリースもあるなど今年はNuxt.jsどんどん盛り上がっていってほしい感じです。

 

Webサイトのモックアップ画像からディープラーニングを利用し自動的にコードを作成する「Screenshot-to-code」が公開。

Turning Design Mockups Into Code With Deep Learning(元記事)

とてつもない時代がきました。深層学習によりjpgなどの画像をもとにマークアップ・スタイル調整をも可能とする時代です。

CSSはBootStrapをベースとしているのでビジュアルよりなサイトなど汎用性があるかは別になりますが、機械学習をもとに人間によるマークアップ作業が死滅する日もそう遠くはなさそうです。

 

GitLab社員の年収

GitLab社は透明性を会社の価値と考えているためか、社員の年収の目安を公開しています。

フルリモート業務で世界各国に社員がいるからこそ公表する意義なり価値がありそうです。ジュニア開発者の必須レベルがいかほどなのか詳細は分かりませんが良い話です。

そしてGitLabのほうでもサンフランシスコは他より高めの設定です。

 

Osushi – 頑張った分だけお寿司をもらおう

投げ銭型のサービスらしいです。購入に10%のマージンがかかる部分が気になるところではありますが、気軽に受け取れるようなものとして流行ればいいなと思いました。

あと本物のお寿司が実際に届くなども今後の展開としてあってもいいなと感じます。

 

Can (a ==1 && a== 2 && a==3) ever evaluate to true?

javascriptでa==1 && a==2 && a==3のときにtrueを返すにはどうすればいいか?というどこかの大企業で実際にあったらしい問題に対してみんなでトンチ大会を開催している様子です。2番めのハングル半角スペースで有効な識別子の文字として同じようで実は別の見せ方をしている一休さんもビビる解法でした。面白いけどまったく参考になれません。

 

Qiitaで記事にCodePenが埋め込めるようになりました

表題ママ。これまではCodePenでやった結果部分をスクリーンショットなり誘導リンクを貼るなりしかできませんでしたが、embedにも対応できるようになったので直接確認可能になりました。

ただこういったこともできるので悪意のある記事が量産されないことを祈りますが果たして。

 

Mobile UX Design: Product Screen

スマホデザインで、重要なボタンを置く時は「Squint Test」すると良い。

デザインに「ブラー」をかける。

ボタンか1番目立ってないなら、大きくするか、色を変える必要あり。

https://gyazo.com/dd1fcde79fd1e3673d1b671464bc53df

 

SNSのフォロワー数分だけ宿泊料が安くなる「フォロ割」に反響ぞくぞく 奄美大島のリゾートホテルが実施

ユーザを多数抱えるインフルエンサーは実質的にゼロ円で泊まれるとのこと。プロモーションコストゼロで全国に宣伝できるので面白い試みですね。

 

12 Mobile UX Design Trends For 2018

気になった3つをピックアップ

4,Full-Screen Experiences

iPhone Xなどフレームレスのスマホが登場したことで、利用できる画面スペースが増え、フルスクリーン体験が期待される。

7,Dominance of Video

78%が毎週動画を視聴し、55%は毎日みている。94%は縦画面で使用している(横画面はわずか6%)。そのため、すべてのコンテンツはこの向きにすべきである。

8,Biometrical Authorization(生体認証)

顔認識、指紋認識、音声認識などは、より多くの人が使うことになるだろう。顔認証は近い将来、最も自然な認証方法になるかも。

 

DMMがあの「CASH」を70億円で買収するワケ

少し古い記事ですが、CASHのUX部分に興味があり、「ものを売る」という行動のためにユーザーファーストを重視したビジネスモデルに感銘を受けました。

性善説を前提としているので当然ユーザーにとってもストレスが少なく、気軽に利用したくなるサービスだったわけですね。

即時買取市場にメルカリNOWも参入されたようで、動向が気になります。

先日ピックアップしたECサイトで販売した商品のキャンセルフローの良いケースもこれに近いです。

 

web制作の自動化が進む! 画像から自動コーディングする深層学習プログラムが公開

去年あたりからよく目にする内容の記事ですが、テクノロジーの進歩を感じます。

同時に、人でなければできない部分の強みを培っていかないと、差別化は難しくなりそうです。

 

Slackのプライベート共有チャンネルを使うと複数の会社が非公開会員制で会話できる

音声通話がかなり品質が良くなり、さらにインストール型のアプリを使うと画面共有もできるようになりました。

最近ではお客様もslackに参加していただき、これでいよいよSkypeは不要かもしれません。

さらに外部の組織も含めてつながれるとなるとさらに利用シーンは広がりそうです。

 

ドコモも参入バーコード決済、可能性と課題

すでにECのASPサービスではサードパーティのバーコード決済が対応しつつありますので、少し遅れての参入です。

海外ではかなり浸透しているようで国内でも今後の動きが楽しみです。

 

WW checkerはWebサイトの制作や更新のたびに発生するチェック作業をワンクリックで実行できるツールです

ログインが面倒ですが、無料期間中に試してみたいと思います。

 

Googleが「ウェブサイトの表示速度」をモバイル検索のランキング要素に加える方針を表明

モバイル版は2018年7月から適用されるそうです。ディスプレイ広告ばっかり入っているサイトはランク下がりそうですね。

 

デザインのバージョン管理をGitHubでしてみたら修正点が3秒で分かるようになった話

差分の違いがとても分かりやすいです。「GitHub + SourceTree + Git Sketch Plugin」3点そろえる必要があるので、いま別の環境で使っている人はそのために導入する手間がありそうです。

 

投稿者プロフィール

GEEKstaff
GEEKstaff
株式会社GEEKの制作チームです。
Web業界の気になるニュースのまとめと、制作に役立つ記事を投稿しています
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - GEEKLY SUMMARY #104
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です