Blog

GEEKLY SUMMARY #117

GEEKLY SUMMARY 背景青

【illustrator】マルチ解除 17のコマンドを1つのショートカットに【ショートカット拡張】

この方があげてる拡張めちゃくちゃ良さそうなんですけどどうすれば使えるんだろう…
jsxって勉強したら簡単なのだったらなんとかなったりするんでしょうか。ちょっときになる。
 

最適な書体・価格で提供するフォントサービス「mojimo」に第2弾製品として3パック同時提供

筑紫ファミリーが散らばってるとはいえこの価格で使えるのは本当にありがたいです…コミックパックに引き続き契約したいです。
2017年に一太郎のパックも買っちゃってるので何が何やらになりそうですが。

 

アマゾン、日本の実店舗でスマホ決済開始 手数料ゼロ

 
利用者は通販サイトのIDをそのまま使うことができ、店舗側の決済手数料は無料。このあたりはやはりAmazonが先行している。ドコモなどのキャリアがどう出るかが気になる。
 

レジ待ちのない「ローソンスマホペイ」、18年度中に100店舗へ導入

 
レジ待ちがないのでとてもいいと思うが、QRコードアプリを各社が出すとバラバラになるのでどこかが統一してほしい。

 

Webサイトのプロジェクトを上手にキックオフする方法
プロジェクトを進める上で最初に行うキックオフの重要性を最近より強く感じます。
 
Twitter、ユーザーがオンラインかどうかを表示する機能を検討
Twitter上でオンラインかどうかわかってなんの意味があるのかな?と思います。メリットないので、みんな設定をOFFにすると思いますが…

 

“宿題の出品”禁止 メルカリ、楽天、ヤフーが文科省と合意

フリマサービスが流通するとこうした規制も強化されるよな、という当たり前の感想ですが、文科省としてもこうした規制するしかない状況無くしたらいい(児童が取り組む意欲の湧く内容にするなど)のではとも思います。
記事で思い出しましたが、宿題代行というのも一時期流行っていたような気がします。あの生業をしていた人たちは今もやってるんでしょうか…
 

2000年から日替わりでドットコムを紹介しつづけた『100SHIKI』

毎日更新を18年続けた歴史を経て、またひとつの「平成」が終わりました。
自分はドットインストールの印象が強いのですが、100SHIKIもたまに見ていたサイトでした。そのほかサービスも終了されていたです。
 

npm or yarn, that is a problem.

パッケージ管理をnpmかyarnかでやるかは、人によっては気分などで決めていたりするかもしれませんが、改めて見直してみるとそれぞれの優位性が現れています。開発はyarn、保守はnpmでいくのは問題なさそうです(まとめで筆者はどっちでもいいとは言ってますが)。
ちなみに自分は基本yarnを使っています。
 

SafariではHTTPSサイトと見間違わないよう、タイトルに「鍵」系の絵文字を表示しない仕様に。

鍵 :lock: に関する絵文字が出ないというのは気づかなかったです(普段Chromeユーザなので)。これは逆に言えばSafariユーザ以外は気づけない人がいるのでは?という危険性も考えられるため、セキュアなサイトかどうかはタイトル表記以外でも確認できるようにしとかないといけない気はします。

 

Chromeの新機能がすごい便利!imgやiframeにlazyload属性を加えるだけでLazyLoad対応に

Chrome 70で実装が予定されていて「chrome://flags」と入力すると、フラグを有効にすることができるそうです。
ブラウザのネイティブな機能として、imgやiframe要素にlazyload属性を加えるだけで簡単に利用できます。
今後別のブラウザも標準機能として追従するのか注目です。
 

Skype、不評だったSnapchat的機能を廃しシンプルに回帰

デスクトップ版は9/1で終了予定が延期になったようです。
モバイル版はログインのアカウント確認が頻繁過ぎて通知が受け取れてないときがあるのを改善してほしいです。

 

こんなのあったんだ! 意外と知らないHTMLの要素をご紹介します
<menu>以外存在すら知りませんでした。CSSやJSでできることがどんどん増えている印象ですが、HTMLも日々進化しているようです。タグの意味やそれがもつ機能も気にしながらコーディングしないといけないなと思いました。
 
 
ReactとVueってどう違う全く同じアプリをReactとVueで作成してみて分かった相違点
両方触ったことないですがこうやってシンプルに比較するとそれぞれの特徴が明確でわかりやすくとっつきやすいです。

 

スマホのデモ動画が数分でつくれるアプリ「Trailer」

録画データをはめ込み、テンプレと色を選ぶだけで、アプリやWEBサービスのスマホデモ動画が生成できる。ロゴが入ってもOKなら無料で利用できる。ちょっとした告知などに使えそう。
 

空飛ぶタクシー試験、日本も候補

漫画の世界が現実になりつつあります。が、日本の規制当局はこの動きについていけない気がしますね。

 

【要注意】Chromeが”www”サブドメインを自動的に隠すようになった模様

Google Chrome 69 でwwwのサブドメインを表示させる方法

先日アップデートされたChrome69においてタイトル内容の変更がされたようですが、これは非常によろしくないものに思えます。
ドメインで「www」があるものと、ついていないものを同一視するサイトはあったりしますが、だからといって消していい材料には思えません。現にexample.www.example.comを入力するとexample.example.comにアクセスされて、これはまったくの別物で、ユーザに混乱を招きかねません。
拡張機能でこれを直すことはできるのですが、むしろデフォルトでは表示してもらい、表示の有無はユーザの意思に委ねられるようにしてもらいたいところです。
ちなみにですがTwitterも表示してくれないみたいです。
 

カイゼンの次は、文化の共有/After Kaizen, Share the team culture

いわゆる仕事の「初動」をいかにスムーズにするかと考えた時、引き継ぎ手順など見てもわからない、その会社・チームごとにある独自の文化に慣れていくかがキーとなるのではないかという話。
普段の様子を見える化をして、その結果受け入れられないものがあったとしたら、改善の余地として日々アップデートしていく組織づくりに繋げられるとのことです。
新たなプロジェクト・チームにジョインするときにも参考になりそうです。ものすごい良い取り組みだと思いました。
 

【テキスト版】地震・ライフライン情報まとめ(※現在更新停止)

北海道地震でYahooが提供した「テキスト」のみの情報ページ(現在は更新されていません)。
ここに画像や動画など他のコンテンツが挿入されると、端末によっては負荷がかかり、せっかくの充電を消費してしまいかねないのでこうした配慮は素晴らしく思えます。
情報サイトにおいて、どういう状況下でどういった形式のもので提示するのがよいか、という点においては見習うべき点かと思いました。
 

Codespot – 技術記事を売ろう

Qiitaとnoteを合体させたような技術記事を販売して収益化できるサービス。うまくいけばエンジニアの副収入化とかできるのかなぁと感じてます。
ただ、個人のものと会社を通してのものかの権利問題は明らかにしたいなと思ってます。あとは記事のダブリなどはどう判定するかなど。
 

builderscon tokyo 2018 資料まとめ

今年も開催されていたbuilderscon tokyo 2018の資料まとめ。行けなかったのでまとめがあると助かるのですが、本当は公式でこういう一覧ページ作ってくれたら嬉しいです。
ちなみに、個人的に見て興味を持った資料は以下です。

最新の技術と手法を用いて、
IT分野で変化と進化を続ける
Webインテグレーター

神田北信ビルエントランス

株式会社GEEK 〒101-0033
東京都千代田区神田岩本町4-4 神田北辰ビル3F

CATEGORIES