Blog

家庭内ディレクションについて

投稿サムネイル

この記事はGEEK Inc. Advent Calendar 2018の21日目の記事となります。 

このブログを書いているときにPCがクラッシュし、
しばらく執筆ができなかったディレクターの塚田(パパ)です。
弊社デザイナーRさんからバトン引き継ぎました。
今回アドベントカレンダー2回目の参戦となります!
さて、今回はディレクションという職からの記事となります。
ディレクションとはあるプロジェクトの方向をそのゴールに向けて調整をしていくお仕事となります。
業務でディレクションをやってはいますが、正解がない仕事であり、日々試行錯誤の連続です。
その視点で今度は家庭内はどうだろう?というのを以下の妻の一言で考える機会を得ました。

「会社ではディレクションやってるんでしょう?なんで家ではできないの?」

※今回はわたしの事例ということで、世間一般ではないことを予めご了承いただければと思います。

家庭内ディレクションとは?

そもそも家庭内ってどのように回っているでしょうか。
ここではわたしの例で話を進めたいと思います。
わたしの家族はわたし、妻、息子18歳、娘10ヶ月という構成となっています。
その中で家庭内の日々様々な仕事はわたしと妻で分担をしています。
息子はお手伝い、娘はまだ小さいので省きます。
そうなると、夫婦二人でいろいろとやらなければなりません。
例えば、食事。妻が食事を作り、後片付けはわたしがやる。
例えば、掃除。わたしが掃除を行う。
例えば、洗濯。妻が洗濯を行い、干し、たたむ。それらをわたしがしまう。
ここまではある程度暗黙の了解とか、日々の会話の中で話して決めたこととなります。
ただ、そうじゃないこと。
直近の決めなければならないことや認識を合わせて進めなければならないことがあります。
例えば、予防接種の日付、受験について、突然きた学校の教材の支払い、年末年始の予定など。
これを仕事に置き換えれば、ひとつひとつの潜在化していないタスクやリスクを事前に洗い出し、
それをガントチャートとしておこし、スケジュールへ載せていく。都度、遅れが発生すればクライアントと相談をして調整をしていくということになります。つまり家庭内でもディレクションを都度行っていたのです。
しかし、わたしに限って言えば、本当にそこまで家庭内でできているのか?
かなりの部分で妻に任せて甘ていることが多くあるのではないかと考えました。

どうやって家庭内タスクをまわしていく?

家庭内での決定しなければならない事項、週末の予定や細かいところでは食器の洗い方や部屋の配置や赤ちゃんへの着替えのやり方など、挙げたらきりがないのですが、そういうところでやりとりが多くなっていることがありました。
なんで伝わらないの?なんでやってくれないの?なんで忘れちゃうの?
これでは、家庭内のタスクが回っていかないよ!という不満となって噴出しました。
ここについては「夫婦で話し合うしかない」という結論に達しました。(当たり前過ぎた結論)
ただ、ここで意識しなければならないのは「徹底的に話し合う」ということです。
主観はこうだから相手もこう思っているだろうというのは通用しないことにしました。
あとは、感情的にならずに話し合おうというルールです。
今まで別の生活圏と意識で過ごしてきた他人同士が一つの家で生活をするのですから、
意見の食い違い、認識違い、言葉足らず、伝わらない考えで喧嘩をするなど本当に嫌というほどたくさんあります。
しかし、そこは業務として考えるならば喧嘩をする=クライアントに感情的になっているようなイメージです。妻も家庭内の構成員ですから、イコールクライアントという考えるのは少しおかしいかもしれませんが、共通のゴールを目指して進むメンバーの一員として考えればしっくりきますでしょうか。
そうであるならば、感情的になって喧嘩をしているのでは仕事は進みません。
どこかで妥協したり、よりよい改善案を提示したり、思い切ってやり方を変えてみたりする必要があります。
あとはうちの場合に限っては、世帯主という欄に名前を記載をしているのだから、妻としても提案をするけど、それ以上にわたしもよりよい選択をして、先導をして欲しいという要望もありました。

よりよい家庭環境を目指して

上記のことを踏まえ、進捗は報告をする、わからないことは曖昧にしない、言いたいことはなるべく言う、認識違いは声に出すというのを意識し、少しずつですが家庭内タスクを回していくことを心がけています。
この年末年始に今年1年を振り返って、だめだった点、改善点、来年の目標などを話し合う予定です。
皆さんもそれぞれ改めて自分の中のディレクションを振り返ってみませんか?

最新の技術と手法を用いて、
IT分野で変化と進化を続ける
Webインテグレーター

神田北信ビルエントランス

株式会社GEEK 〒101-0033
東京都千代田区神田岩本町4-4 神田北辰ビル3F

CATEGORIES