Blog

VSCode LiveShareで快適なペアプロ

VSCode LiveShare 画面

この記事はGEEK Inc. Advent Calendar 2019の2日目の記事となります。

エンジニアの深坂です。

とある案件で他のエンジニアとペアプロチックに進めることがあり、
その時に導入したVSCodeエディタの拡張、LiveShareが便利だったので書きます。
※弊社のエディター環境は自由なのですが、ほぼ全員のエンジニアがVSCodeを使用しています。

VSCode LiveShareとは

一つのVSCode内で複数人で作業が出来るように出来るスグレモノです。
ホスト側とゲスト側があり、ホストの環境で作業します。
ターミナルなんかも共有出来ちゃいます・・・!

編集時のイメージはアイキャッチのような感じになります。
上のピンクの吹き出し出ている所が他のエンジニア作業、
下のサジェスト出ている所が自分が作業中の画面です。

こちらに詳しく書いてあります。

導入方法

普通にプラグインを検索して、インストールするだけです。

VSCode LiveShare インストール画面

使用方法

先述した通りホスト側とゲスト側があります。

ホスト側

1.command + shift + p でliveshareと検索

VSCode LiveShare コマンド

2.コラボレーション セッションを開始する(共有)をクリック
環境によってはブラウザが立ち上がりGitHubの連携が求められる場合があります。

3.クリップボートにURLがコピーされているので、それをゲスト側に共有。

終了する場合は手順1の後に「コラボレーション セッションを停止する」があるのでそれをクリックで閉じれます。

ゲスト側

1.command + shift + p でliveshareと検索

2.コラボレーション セッションに参加をクリック

3.ホスト側に共有してもらったURLを入力してエンター

必要な作業はこれだけです。
お手軽にはじめられるので是非使ってみてください!!

次回(12/3)はECチームの飯塚さんになります!

最新の技術と手法を用いて、
IT分野で変化と進化を続ける
Webインテグレーター

神田北信ビルエントランス

株式会社GEEK 〒101-0033
東京都千代田区神田岩本町4-4 神田北辰ビル3F

CATEGORIES